MMS・3D計測コンサルタント事業部

MMS(モービルマッピングシステム)は道路面を中心とした高精度の3次元地図を容易に作成することができます。
そしてMMSと備え付け型3Dレーザースキャナーを組み合わせることで、MMSの弱点である車の入れない建物の裏側まで計測することができます。
当社ではMMS研究会の会員として、栃木県の道路を精密に計ります。

MMS(モービルマッピンシステム)
MMS研究会の会員として、栃木県の道路を精密に計ります

MMS(モービルマッピングシステム)とは、三菱電機株式会社が開発した車載型による移動式高精度2次元計測システム (車載レーザ測量)です。
走行しながらGSP&レーザースキャナーとカメラで周囲の対象物を位置計測し、高効率かつ高精度な地物情報を取得することができます。
MMS研究会では次世代の基盤地図整備に向け高精度3次元地図作成モデルの実運用を推進しています。

車載カメラ及び計測システム&MMS観測状況photo
標準偏差0.026mの高精度を実現!

MMSの精度を検証するフィールド実証では、平面図へ利用する場合の水平位置精度と縦断図・横断図へ利用する場合の標高精度が公共測量作業規定(準則)記載の地図情報レベル500及び250以内に収まるという検証結果 が確認されています。
これにより、道路台帳附図作成業務をはじめとした公共測量にも観測成果を活用することができます。

宇都宮市内走行時の色付点群データphoto
宇都宮市内走行時の色付点群データ
3Dレーザースキャナー
高速・高精度・低ノイズ・高密度で安全な計測

3Dレーザースキャナーは、離れた所から高精度な3次元点群データを高速に取得します。
従来の地上測量に比べ高密度なデータを安全・迅速に計測可能です。

GLS1500 主な仕様
3Dレーザースキャナーの活用事例

人が立ち入りにくい崖・斜面や災害危険箇所等の観測、構造物等を計測し経年変化や外観保存等を管理、さらには現況データと設計データを用いた3次元シミュレーションからの計画・立案等、従来危険を伴った作業や労力を要した作業でも、安全・迅速に対応可能です。

建築物の外観保存・管理

立体表示
立体表示
オルソ表示
オルソ表示

体積計算

現況TINデータ
現況TINデータ
線形検討・土量計算
線形検討・土量計算

3次元シミュレーション

横断面確認
横断面確認
走行シミュレーション
走行シミュレーション

ご紹介した事例以外にも、以下のような分野で活用されています。

■災害地・急傾地等の危険箇所での計測・調査・体積計算
■構造物等の計測・維持管理・3Dモデリング・内空断面計測
■残土処分場・採石場・造成現場等の体積計算・現況管理
■景観等のシミュレーション