測 量コンサルタント事業部

「はじめの一歩」測量とは、きっとそんな言葉で表されるのかもしれません。
巨大なプロジェクトが動くとき、その一歩は小さい。
しかし、その「はじめの一歩」にこそ、緻密さと、きめ細かい神経が求められます。
顧客ニーズに対応して航空測量・地上測量・深浅測量・流量観測・区画整理・都市計画の基礎測量から台帳作成、登記業務までトータルに展開しています。

基準点測量

基準点測量は、測量を行うにあたり最初に行わなければならない測量です。
すなわち、測量の基本とも言えるでしょう。
基準点には、基本三角点・電子基準点・公共基準点などがあり、これらの基準点を使用し、観測地点の測地座標を算出します。
基準点測量では、GPS測量機やトータルステーションを使用して観測を行います。
トータルステーション、GPSによって基準点の成果を作成しています。

GPS測量機
GPS測量機
水準測量

高さの基準である水準点から、水準機(レベル)と標尺を使用し観測地の高さを求めます。

水準測量機
応用測量

応用測量は、路線測量・河川測量・用地測量などに分かれます。
路線測量では、道路・水路などの計画設計、河川測量では、河川の維持管理・調査等、用地測量では、道路や河川・ダム等の新設や改修などにより用地取得が必要となるため、境界確認・境界測量をして面積を算出します。

地籍調査

地籍調査とは、国土調査法に基づき一筆ごとの土地について、境界確認を行い現状にあった地図(地籍図)を作成します。
これにより、公共事業の効率化、さらには災害復旧の迅速化などにも効果が見込まれます。

深浅測量

主にダムの堆砂量算出のため深浅測量を実施しております。
DGPS(ディファレンシャルGPS)を使用し、位置情報を取得すると 共に、音響測深機により深さを数値化し、それらのデータをリアルタイムでパソコンに記録します。
これにより、現地における横断面の確認・比較などが容易になり、より高精度な成果が得られるようになりました。

音響測深機
音響測深機
深浅測量(堆砂測量)
深浅測量(堆砂測量)
流量観測

流速計や浮子を使用して各断面の流速を計測し、これに断面積を乗じて河川の流量を算出します。
これらの観測結果より、水深(H)-流量(Q)のグラフが作成され、河川の管理・計画のための基礎資料となります。

低水流量観測
低水流量観測